かみなり豆腐丼
かみなり豆腐丼
時間:15分
    
「かみなり豆腐」の由来は、豆腐を炒めているときに出る音。チリチリと音を立てながら水分をとばします。コクのある卵黄をトッピングすることでまろやかなおいしさに!
材料
材料
木綿豆腐 2丁(600g)
ツナ(ノンオイル水煮) 小1缶(70g)
酒、しょうゆ 各大さじ2
ごま油 小さじ2
温かいご飯 茶碗4杯分
卵黄 4個分
小ねぎ(小口切り) 2本分
大葉(せん切り) 4枚分
作り方
作り方
フッ素樹脂加工のフライパンに油をひかずに豆腐をちぎって入れ、強火にかける。温まってきってチリチリと音がしてきたら、木ベラでさらに砕きながら炒める。
豆腐の水気がとんだら、ごま油をまわし入れてサッと炒める。油がまわったらツナを缶汁ごと入れ、さらに水50ml(分量外)を加えて軽く混ぜる。酒、しょうゆをまわし入れて炒め、汁気が少なくなったら火を止める。
器にご飯を盛り、(2)をのせる。真ん中に卵黄をのせ、小ねぎと大葉を散らす。
ツナと水をだし代わりに加えて、水気をとばした豆腐に含ませながら炒めるのがポイント。しっかり味がつき、卵黄をからめるとちょうどいい味に仕上がります。
かみなり豆腐丼