なめこ入り広東飯
なめこ入り広東飯
時間:25分
    
「広東飯」はしょうゆ味ベースのあんかけご飯。たっぷりの野菜と豚肉を炒めたら、なめこを加えることで旨味が加わり、自然なとろみもつきます。一品でバランスよく栄養が摂れますよ!
材料
材料
豚小間切れ肉200g
なめこ2袋(200g)
生きくらげ30g
人参1/4本
白菜2、3枚(300g)
長ねぎ1本
にんにく(みじん切り)1/2片分
生姜(みじん切り)1かけ分
温かいご飯茶碗大盛り4杯分
塩、白こしょう各少々
サラダ油小さじ1
ごま油小さじ1/2
A 
  しょうゆ、オイスターソース大さじ2
  鶏ガラスープの素小さじ2
  酒大さじ1
作り方
作り方
なめこはザルに入れて水の中でふり洗いする。水を変えてもう一度洗い、ザルにあげて水気をよくきる。
きくらげはひと口大にちぎる。人参は薄い半月切りにする。白菜は2cm角に切り、茎と葉に分けておく。長ねぎ1cm厚さの斜め切りにする。
豚肉は大きければ食べやすい大きさに切り、塩、白こしょうをふる。
フライパンにサラダ油、にんにく、生姜を入れて中火にかけ、香りが出たら(3)の豚肉を入れて炒める。
肉の色が変わったら、(2)の長ねぎ、人参、白菜の茎を加えて炒める。長ねぎがしんなりしたら、(1)のなめこ、(2)のきくらげを入れてサッと炒め、最後に(2)の白菜の葉を加えてひと混ぜする。
水 200ml(分量外)、Aを入れ、煮立ったらそのまま3〜4分加熱する。とろっとしてきたら、風味づけにごま油を加えて、火を止める。
器にご飯を盛り、(6)をかける。
なめこのとろみがおいしさのポイント。水溶き片栗粉よりもサラッとした、自然なとろみです。
なめこ入り広東飯