ぶりのレンジ蒸し 叩き梅とろろ添え
ぶりのレンジ蒸し 叩き梅とろろ添え
時間:20分
    
「顔がみえるお魚。」のぶりは、電子レンジで蒸しても身がかたくならずふっくら! 脂がのっているので、梅肉を加えたとろろとの相性も抜群。手軽でおいしい食べ方、ぜひお試しください!
材料
材料
ぶり(切り身) 4切れ
塩 少々
酒 小さじ2
【叩き梅とろろ】 
  ながいも 120g 
  梅肉 小さじ2(梅干し小2個分)
  しょうゆ 小さじ1/4〜1/2
作り方
作り方
ぶりは両面に塩をふって10分ほどおき、出てきた水気をキッチンペーパーで拭き取る。
耐熱皿に(1)のぶりを並べ、酒をふる。ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(500W)で4〜5分加熱する。ラップをかけたまま3分ほどおいて余熱でも火を通し、身を落ち着かせる。
【叩き梅とろろ】のながいもは細切りにしてから、包丁で軽く叩く。ボウルに移して梅肉を混ぜ、しょうゆで味を調える。
(2)のぶりを器に盛り、(3)の叩き梅とろろを添える。
余熱で火を通すことで、ぶりのしっとりとした身の食感をキープ。叩き梅とろろの代わりに、大根おろしを添えてもシンプルなおいしさが楽しめます。
ぶりのレンジ蒸し 叩き梅とろろ添え