なすのオランダ煮
なすのオランダ煮
時間:30分
    
オランダ煮とは、鎖国時代に海外から長崎へ伝わった、食材を揚げてから煮る調理法。なすは食感がトロッとして、旨味も増します。このレシピは揚げずに焼いて煮る、手軽なつくり方です。
材料
材料
なす 4本
サラダ油 大さじ1と1/2
A 
  だし 150ml
  みりん 大さじ2
  しょうゆ 大さじ1と1/2
  赤唐辛子(小口切り) 1/2本分
作り方
作り方
なすはヘタを切り落とし、縦半分に切ってから、鹿の子切りにする。切り口(白い面)を下にして10分ほど水にさらし、アクを抜く。キッチンペーパーで水気を拭き取る。 
フライパンにサラダ油をひいて中火にかけ、なすを皮目を下にして並べる。4〜5分焼き、皮の面に火が通ったら返し、やや火を弱めて3〜4分焼き、全体に火を通す。
いったん火を止め、なすを入れたまま、キッチンペーパーでフライパンの油を拭き取る。
フライパンにAを入れ、再び中火にかける。煮立ったら弱火にし、2〜3分煮て味を含ませる。
つくりおきの副菜にもぴったり。冷蔵で3日間、保存可能です。
なすのオランダ煮