モロヘイヤとトマトのぶっかけそうめん
モロヘイヤとトマトのぶっかけそうめん
時間:20分
    
モロヘイヤは大昔にエジプトの王様の病を回復させたといわれる野菜。モロヘイヤのサラッとした粘りはのど越しがよく、トマトのさっぱりとした酸味も加わって、暑い日に食べたい麺料理です。
材料
材料
<2人分>
モロヘイヤ 1/2袋
トマト 中2個(360g)
ツナ(水煮) 小1缶(70g)
しょうゆ 小さじ4
米酢 小さじ1/2
そうめん 3束(150g)
すりごま(白) 小さじ2
作り方
作り方
トマトは小さめの乱切りにする。ボウルにツナを缶汁ごと入れ、しょうゆ、米酢を加え、トマトを入れて和える。冷蔵庫で15分ほどおく。
モロヘイヤは茎から葉だけを摘み取る。鍋に湯を沸かし、塩少々(分量外)を加え、モロヘイヤの葉を入れる。しんなりしたら冷水に取って冷まし、水気をしぼる。細かくきざみ、さらにたたく。
大きめの鍋にたっぷりの湯をわかし、そうめんを袋の表示通りにゆでる。冷水にとって手早くしめ、ザルに上げる。手でザルに麺を押し当てるようにして、残っている水気をしっかりしぼり、器に盛る。
(1)に(2)のモロヘイヤを加えてサッと混ぜ、(3)のそうめんにかけ、すりごまをふる。
*モロヘイヤは細かくたたくことでしっかりねばりが出て、トマトや調味料の汁気にもとろみがつき、そうめんにからみやすくなります *詳しいゆで方は「モロヘイヤのゆで方」を参考にしてください。
モロヘイヤとトマトのぶっかけそうめん