真鯛の薄造りと盛りつけ方
真鯛の薄造りと盛りつけ方
繊細な味わいの真鯛は、薄造りにするのがおすすめ。包丁をギコギコと前後させず、スーッと一気に引き切るのがきれいに仕上げるコツです。
材料
材料
<人分>
真鯛(刺身用さく) 1さく(150〜200g)
大根のつま、大葉 適量
作り方
作り方
真鯛のさくに、そぎ切りにするときの要領で、包丁を刃元からねかせて入れる。
刃元から切っ先まで使い、引き切るようにして薄く切る。
皿の中央に大葉を置き、大根のつまを盛る。その周囲に、薄造りにした真鯛を放射状に並べる。
できるだけ薄く切るのが薄造りですが、家庭では2mm厚さ程度を目標にしてください。
真鯛の薄造りと盛りつけ方