顔が見える食品
鶏手羽とじゃがいものタッカンマリ風
時間:45分
    
材料
<4人分>
鶏手羽先 4本
鶏手羽元 8本
じゃがいも(メークイン) 2個
長ねぎ 1本
にんにく(つぶす) 1片
生姜(薄切り)1かけ分
水 800ml
昆布 10cm
酒 大さじ2
塩 小さじ1/2
黒こしょう 少々
A 
  にら(小口切り) 5本分
  ナンプラー 小さじ4
  コチュジャン、酒、みりん 各小さじ2
作り方
鶏手羽先と鶏手羽元は、皮がついていない部分の骨に沿って切り込みを入れる。ザルに並べて、両面に熱湯をまわししかけ、水気をきる。
じゃがいもは皮をむき、1cm厚さの半月切りにして水にさらす。長ねぎは白い部分を5cm長さのぶつ切りにし、青い部分は取っておく。
鍋に水、昆布、酒、にんにく、生姜、(2)の長ねぎの青い部分、(1)の鶏肉を入れて中火にかける。煮立ったらアクを除き、弱火で20分ほど煮る。塩、黒こしょうで調味する。
(3)に(2)のじゃがいもの水気をきって加え、(2)の長ねぎの白い部分も加えて強火にする。再び煮立ったら、さらに10分ほど弱火で煮る。
【にらダレ】を混ぜ合わせておく。
(4)が煮えたら汁ごと器に盛り、(5)のタレを小皿に入れて添える。鶏肉やじゃがいもをタレにつけながら食べる。
鶏手羽先と鶏手羽元に熱湯をまわしかけることで、くさみをとばし、旨味を閉じ込めることで、澄んだ味わいに!