顔が見える食品
かんぱちのべっこう寿司
時間:100分
    
材料
<4人分>
かんぱち 250g
青唐辛子 1と1/2本
A 
  みりん 小さじ4
  しょうゆ 大さじ2と1/2
B 
  炊きたてのご飯(酢飯用にややかために炊いたもの)  2合分
  米酢 大さじ4
  砂糖 大さじ1
  塩 小さじ1/2
作り方
かんぱちは3〜4mm厚さに切る。
青唐辛子は小口切りにする。
バットにAを合わせ、(2)の青唐辛子を加え、軽く混ぜて味をなじませる。(1)のかんぱちをすべて並べたら、ひと切れずつ返して両面に味をからめる。ラップを密着させて、冷蔵庫で1時間ほど漬ける。
酢飯をつくる。米酢、砂糖、塩を混ぜ合わせ、炊き立てのご飯にまわしかけ、手早く切るように混ぜる。かたくしぼった濡れ布巾などをかぶせて、人肌くらいになるまで冷ます。
(3)のかんぱちをキッチンペーパーに並べて、汁気をきる。上からもキッチンペーパーで汁気を軽くおさえる。
(4)の酢飯を24等分する。小さめのラップを広げて1個分の酢飯をのせ、俵形に成形する。ラップを開いて(5)のかんぱちを1切れのせ、酢飯になじませるように軽く握って取り出す。残りも同様に握る。
青唐辛子の辛味が、「べっこう」の味の決め手です。手に入らない場合は、柚子こしょう小さじ1程度を目安に加えてください。