顔が見える食品
ぶりと白菜のピリ辛花椒煮
時間:30分
    
材料
<4人分>
ぶり 4切れ
白菜 大4〜5枚(400g)
長ねぎ 1本
片栗粉適量
花椒(粒) 大さじ1弱
ごま油 小さじ1
サラダ油 大さじ1/2
A 
  しょうゆ 大さじ1
  酒 小さじ1
B 
  しょうゆ、酒 各大さじ2
  米酢 小さじ2
  鶏ガラスープの素(顆粒) 、豆板醤 各小さじ1
  砂糖 小さじ1/2
  水 100ml
作り方
ぶりはひと口大に切り、Aをからめる。ときどき返しながら10分ほどおいて、下味をつける。
白菜は葉と軸に切り分ける。葉はざく切りに、軸はひと口大のそぎ切りにする。長ねぎは1cm厚さの斜め切りにする。
Bを混ぜ合わせておく。
(1)のぶりの汁気をきり、片栗粉を薄くまぶす。
フライパンにサラダ油をひいて中火にかけ、(4)のぶりを並べて焼く。表面がカリッと焼けたら、いったん取り出す。
(5)のフライパンをキッチンペーパーできれいに拭き取り、花椒、ごま油を入れて弱火にかける。香りが立ったら、(2)の長ねぎ、白菜の軸を加えて炒める。
全体に油がまわったら、(5)のぶりを戻し入れ、白菜の葉を加えて2、3回大きく混ぜる。(3)で合わせたBを加えて、5〜6分煮る。白菜の軸がしんなりし、とろみがついたらできあがり。
焼いたぶりをフライパンに戻し入れたら、ぶりの身がくずれないようにやさしく混ぜてください。