顔が見える食品
白菜と鶏肉のエスニック水炊き
時間:50分
    
材料
<4人分>
鶏手羽元 12本
カット白菜  4袋(600g) 
エリンギ 3本
春雨(カット済み) 50g
にんにく(つぶす) 1片分
生姜(薄切り) 1かけ分
塩  小さじ1/2
酒 大さじ3
米酢 大さじ1と1/2
A 
  パクチー(きざむ) 1袋分
  ナンプラー 大さじ2と1/2
  みりん 小さじ1/2
  レモン汁 大さじ1
作り方
春雨は水に浸してもどす。
鶏肉は塩をふり、まんべんなくすり込む。
白菜は大まかに葉と軸に分けておく。
エリンギは長さを半分に切ってから、縦薄切りにする。
土鍋に水1.5リットル(分量外)、(2)の鶏肉、にんにく、生姜、酒、米酢を入れて強火にかける。アクをすくったら(3)の白菜の軸を加え、再び煮立ったら弱火で20〜30分煮る。
鍋を煮ている間に、【エスニックダレ】の材料を混ぜておく。
(5)の白菜の軸がやわらかくなったら、(1)の春雨、(4)のエリンギ、(3)の白菜の葉を加える。葉がしんなりしたら、(6)のエスニックダレをかけながら食べる。
白菜の茎は長く煮たいので先に入れ、すぐ火に通る葉は最後に入れます。このひと手間で、白菜の鍋料理のおいしさが変わります!