顔が見えるお肉。熟成黒毛和牛の秘密

TOP画像

顔が見えるお肉。熟成黒毛和牛は、どのお肉も自信をもって「おいしいよ!」と、お勧めできます。

顔が見えるお肉。がどんなふうに美味しいのか、どうやって美味しさを引き出しているのか、その秘密をお教えします。

どんなふうに美味しいの?

口に入れると、舌の上でほどける柔らかさ。

棒グラフ
ふきだし1

食べた瞬間、あふれだすうまみと口どけの良さ。

チャート
ふきだし2

どうやって美味しさを引き出しているの?

顔が見えるお肉。熟成黒毛和牛には、生産の現場からお店に並ぶまで、たくさんのこだわりがつまっています。

その中でも、美味しさの決め手となる二つの秘密をご紹介します。

美味しさの秘密①:28カ月以上の長期肥育

顔が見えるお肉。熟成黒毛和牛は、28カ月以上育てるというルールを決めています。

牛の体調や成長段階に合わせて、最適なエサを見極め、肥育期間ずっと大切に育てていきます。

じっくり丁寧に育てることで、和牛ならではの「旨味」と「風味」を引き出し、美味しいお肉となります。

牛

美味しさの秘密②:14日間の低温熟成

顔が見えるお肉。熟成黒毛和牛は、お肉を最低でも14日間熟成させてから皆様にお届けしています。

温度と湿度を管理した熟成庫で一定期間お肉を寝かせると、程よく水分が抜け、旨みが増え、和牛独特の香りが増していきます。

生産者さんが丹念に育て上げたお肉をさらに美味しくするために、加工の現場でも精いっぱいの取り組みをしています。

食べる人みんなを笑顔にしたい。

おいしいお肉を食べると、思わず顔がほころびます。

そんな皆様の笑顔を守るため、「安心安全」と「おいしさ」を当たり前にお届けできるよう、チーム一丸となってこれからも努力していきます。

生産者画像1
生産者画像2
>> 生産者さんのこだわりが知りたい方はこちらから
※やむを得ない事情により、上記条件を満たさない場合もございます。
※店頭で「熟成」表記がない場合は、熟成をかけておりません。